トップ / 医局秘書という職種がある

医局秘書という職種がある

医局秘書の仕事内容は

国家試験

医師のサポートをする医局秘書

医療関連の仕事のひとつに、医局秘書という職種があります。これは、大学病院や総合病院などの医療機関で、医師の仕事のサポートを全般にわたって行う業務のことをいいます。例えば、スケジュール管理があるのですが、出勤や不在日の確認、アポイント管理などを行います。他にも、書類や資料の作成業務や、金銭管理業務など、一般事務的な能力も必要とされます。医局内での仕事が多いため、医師や教授と接する時間が長くなります。業務内容は医師のサポートをすることですので、負担を軽くできるように効率良く仕事に取り組むことも大切になります。

医局秘書の仕事について

大学病院や大きな病院には、医師の控え室ともいえる医局というものがあります。ここで、仕事をサポートするのが秘書の仕事です。学会で出張する先生たちのホテルや新幹線の切符などの手配を行ったり、論文などを清書したり、スケジュール管理などが大きな仕事です。20人から30人ほどいる医師が、今外来診察中なのか病棟なのか検査室で検査中なのかなど、しっかりと把握しておく必要があります。ドラマなどの医局秘書は、椅子に座ってのんびりとコーヒーを飲んだりしていますが、実際はゆっくりと座る暇もないのが現状です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.