トップ / 最先端の医療に関わる医師

最先端の医療に関わる医師

医師として重要なこと

国家試験

医学博士として活躍する医師

医師の中には、医学博士として医療分野の発達に貢献している人も多くなっています。最先端の医療に携わる為には、大きな病院で働くことがとても重要になってきます。大きな病院で働く為には、大学時代からしっかりと努力をしておき、研修医としてもしっかりと働くことが何よりも重要になってくるでしょう。医師の中でも大学病院の医者は色々な症例の患者さんと関わることになるので、実地経験を通じて様々なスキルを身につけていくことが出来るでしょう。最先端の医療の現場で得た経験は医学博士としての研究にも良い影響を与えることでしょう。

医師の医学博士号取得

学士課程を経て医師免許を取り、出身大学の医局に入局、数年経ったら大学院に進学して医学博士号を取る、というのが一昔前ではよくあるコースでした。しかし、2004年に新しい臨床研修制度が始まってから、大学院への進学者は減少傾向が続いています。博士号より、各自の専門分野の専門医資格の方に人気が集まる状況の中、博士号を取る意味があるのか疑問に思う人も多いかもしれません。しかし、大学院で医学博士号を取得することは、医師としての幅を広げます。進学した人の多くは、知識を深め、研究に専心できる日々に満足しているようです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.