トップ / 医師の仕事の負担軽減

医師の仕事の負担軽減

医師の勤務時間の問題

国家試験

過労死する医師について

医師の業務は多岐にわたるだけではなく、時間が不規則です。そのため、体調を悪くし、過労死に追い込まれる人が少なくないです。このような状況を打開するためには治療、手術、研究といった専門的な事は彼らに任せ、他のスタッフでも可能な業務は積極的に他のスタッフが行うべきです。救急対応の激務も過労死を誘発しているとされています。一つの医療機関だけではなく、地域にある多くの医療機関がチームを組んで医師個人の負担を軽減するシステムを構築し、運用すべきです。心身の健康チェックを定期的に行い、早めに状態を把握するようにします。

医師の過労死問題とその歴史

医師の過労死が問題となったのは、研修医が過労死した事件からでしょう。当時この研修医は、健康保険や労災保険もなく1週間に110時間以上働いており、当直で連続38時間勤務を1ヶ月に6回こなしていました。6月から死亡する8月までの間、完全な休日は5日だけだったと言われています。この事件をきっかけに、研修医制度を大きく変え、新臨床研修医制度が開始されました。当直のアルバイトをしなくても生活は保障されるようになりました。しかし、医師の仕事はキリがないというのが現実です。多くの病院勤務医が深夜まで病院に残っています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.