トップ / 医師の年収が高い理由

医師の年収が高い理由

医師の年収に関して

国家試験

年収と比較する医師の責任

一般的に高年収な仕事として1、2番目に必ずと言っていいほど挙がるのが医師という仕事です。国家資格を必要なため、必然的にハードルの高い難関大学の医学部を卒業しなければなりません。また、職業柄から人の生命に直接関わるので、医学知識や医療技術を高い次元で要求されます。そのため、一般の職業よりも医師はストレスを多く受ける仕事です。重い責任に比例して年間で貰える給料は、一般のサラリーマンと比較すると高くなっています。開業医か勤務医かと言った違いによっても大きな差が出ていて、数千万円の年収がある人もいます。

医師の年収はどのようなものか

医師の年収は個人によって異なります。多い人もいれば、生活をするのも苦しいぐらい少ない額の人もいます。勤務医等は非常に激務です。しかし、忙しさと年収が比例しておらず、あまりにも少ない額にショックを受け、辞めてしまう医師が何人もいます。一方、開業医ですが、立地面の優位性を活用する事が出来たり、経営で成功したりする事が出来たりした場合は多くの額を稼ぐ事が出来ます。ただ、開業医の数も飽和状態にあるため多くの額を稼ぐ事は以前ほど簡単ではなくなって来ています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.