トップ / 医師がトラブルに直面したら

医師がトラブルに直面したら

医師の業務で重視する

国家試験

医師と法律の関係について

昨今、日本でも医療訴訟の数が増加しています。そのため、医師はそれらに関連する法律を知っておいた方が良いです。医療に関連する法律を知っていればトラブルに直面しても最小限のリスクでそれを乗りきる事が出来るからです。一方、それを知らなければ患者やその家族だけではなく、社会からの信用を得る事が出来ないです。患者やその家族は安心感を持って接する事が出来ます。医師が業務に従事するにあたって何を重視しなければならないか法律に明記されているケースが少なくないです。それを知っていればトラブルに迅速に対応出来るだけではなく、自身の専門性や患者やその家族等との信頼関係を高める事が出来ます。内容の中には患者の利益につながるものもあります。自身がその内容を把握するだけではなく、彼らに必要な情報や知識を伝える事も大切な役割の一つです。医療に携わる人間の専門性や人間力を高めるためにそれは存在しています。知っていて損になるものではないです。

法律で許されている行為

もしもあなたの友達が、あなたの体をメスで切ったり、体に針を刺したりしたら、それは傷害罪として罰せられます。また、恋人でも夫でもない人が、あなたの陰部に器具を入れると強姦罪として罰せられます。しかし、医師は患者さんから同意を取れば、患者さんの体をメスで切ったり、針を刺したりする事が可能です。また、患者さんにとって主治医は恋人でも夫でもありませんが、婦人科の診察では陰部に器具を挿入します。このような行為ができるのは、医師法という法律があるからです。治療や検査や診察のためであれば、メリットがデメリットを上回るのであれば、免許を持つ人にはこのような行為が許されます。医学部の学生は、「医の倫理」について、耳にタコができるくらい、何度も何度も叩き込まれます。そして、法律で許されている行為であっても、できる限り、苦痛や羞恥心を少なくするように心がけなければならない事も、嫌と言うほど叩き込まれます。慣れてきて自信がついてくると、ついつい謙虚さを忘れそうになる事もあるかもしれませんが、「医の倫理」を忘れてはなりません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.