トップ / 医師にお礼がしたい場合

医師にお礼がしたい場合

患者から医師への感謝

国家試験

医師にお礼は必要なのか

一昔前までは、執刀してくれた医師や担当医にお礼を渡すことが一般的でした。それは自分の治療に対する敬意を込めたものだったのです。しかし、時代の流れと共に、その風習は変わりつつあります。現在ではお礼をしたからといって、提供をする医療に差が出るわけではありません。病院内では、患者は全て平等であり、提供される医療も必要なものを必要な人にという考えであるからです。また病院側、医師側も患者から品物や金銭を受け取ることを一切禁じているところもあるのです。それが分かった場合には、罰則を設けているところもあります。

医師へのお礼は何がいいか

手術や入院中にお世話になった医師に、無事に退院できることへのお礼がしたいけど、何を贈ればいいのか頭を悩ますものです。感謝の気持ちとしての品は、休憩中や夜勤のときに食べられるお菓子の詰め合わせが無難です。退院する前日に、感謝の気持ちを述べて、お礼の品を渡すのがいいでしょう。子供さんの場合なら、手紙や絵などを書いて、一緒に渡せば、喜ばれるのではないでしょうか。品を差し上げるより、退院できる喜びの笑顔を見せて、医師へのありがとうございましたの一言が、何より喜ばれるはずです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.