トップ / 医師への苦情の正しい対応

医師への苦情の正しい対応

患者の医師への不満

国家試験

医師への苦情について

医師への苦情は対応を誤ると病院に大きな不利益をもたらす危険性があります。そのような状況に陥った時は個人で対応するのではなく、病院全体で対応し、適切な措置を取るべきです。問題によっては警察等第三者の力も活用した方が良いです。同時に苦情に誠実に耳を傾け、今後の業務に活かす事も大切です。なぜなら、その中に医師個人や病院が向上するためのヒントがあったり、患者の本当の思いやニーズを知る事が出来るからです。スタートの時に不備があると長引き、患者と医療機関の双方が疲弊する可能性が高いです。

医師への苦情は病院に相談

医師の診察を受ける際には、症状についてや、体質や生活環境についてなど、プライベートな話題を話さなくてはならない場合も珍しくありません。もし質問の内容が、治療に関係しない場合や、不快に感じた場合などには、我慢せずに病院に対して苦情を相談してみると良いです。医師の間違った判断や、コミュニケーション不足によって、症状を悪化させてしまう可能性も考えられますし、精神的に大きなショックを受けた場合には、何らかの対処を取る必要があります。主治医との信頼関係を築く事により、より治療を前向きにする事ができるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.