トップ / 医師は英語の知識も必要

医師は英語の知識も必要

近年医師に必要なもの

国家試験

医師に英語は必要なのか

最近では、日本でも外国人をみかけることが多くなりました。病気になったら近くの病院を訪れるということもあります。この場合、病院スタッフは、外国人に対して英語で対応をしなくてはいけません。また医師も英語で対応することが求められます。そして最近では都市部だけでなく、地方の主要大学に留学をしてきている外国人もいます。国が違っても外国人が話すのは、やはり英会話でしょう。そのためどこで働くにしても、外国人が病院に訪れる可能性があるので、会話するための語学能力は医師に必須といえそうです。

医師になるために問われる英語力

医師になるためにはまず医学部の入学の際に、高い英語力が問われます。医学部は国公立と私立の大学がありますが、特に国公立は学費が私立に比べると安く、人気がありその高い倍率を突破するために試験での高得点が要求されます。大学での勉強中に医学の専門用語や論文などを読むため、また、実際に本人が論文を書き、それを発表する際には高度な英語力が要求されます。医師になると一生勉強が必要であり終わりがありませんが、医学部入学の時点で高い語学力が要求されます。また、語学力だけでなく、全教科の理解力、知識が必要とされる職業です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.